読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

仕事人

2016  8月23日

今日もあらゆる面で益々良くなっていきました。

こんばんは〜♪

今日は、仕事した〜♪という感じ。

ぷちてらすの活動の他に療育保育士として働いている私。

6月から開所した我が施設、初めは、1人から始まり、今日は4人のお子さんと楽しみました。

 

それぞれ、どんな遊びが好きかな?

自由遊びでは、めいっぱい夢中になれる環境を整えます。

朝の集まりでは、みる、きく、はなす

の活動を入れます。

先生の話を聞くこと、

順番を待つこと、真似ること、歌や 手遊びで一緒に合わせること、絵本を見たり一定の時間姿勢を保持して座ることなどを組み込みます。

子どもたちの笑顔が、お母さんたちを笑顔にし、子どもたちの変化が、喜びの種になる。

椅子に座ることも拒んでいたのが、帰りの時には座っていたり、

泣きながらも、夢中に遊ぶ時間が少しずつ長くなったり、

ママとのおんぶが上手になったり、

お母さんとの関係づくりのサポートをするのも仕事。

家では家事に追われ、なかなか遊べなくても、ここで、めいっぱい、遊ぶ時間を作り、触れ合う時間を過ごすことにより

お互いの気持ちが安定してくる。

親子での登園の意味は深い。

触れ合い遊びでは、おんぶを1番に。

最近おんぶされる、する経験が少ないですので、ママも子どももうまくできない。だけど、おぶわれて歌に合わせると子どもたちは、みんなニコニコに。

赤ちゃんではない、就学前のお子様でも、もう一度母子関係づくりから。

いつもにない高いところからみる景色。

母の温もり、母に安心して身を任せる、子どもの体温を感じながら落とさないように大切にする、愛おしく心も安定していく。

 

来週は、音楽療法を療法士の先生とのコンビでやります。

楽しい時間と、ママのリラクゼーションの時間を取り、子どもさんとお母さんとの癒しの時間を提供します。

今から楽しみで〜す🎹

新しい施設なので、楽しい計画を立てながらスタッフの皆さんと子どもたちと保護者の皆さんとの絆が深まっていくのもやりがいがあり、醍醐味かなー。

 

今日は、少し仕事の話でした。

何歳になっても、大人も子どもも触れ合うこと大切ですよ〜♪

では、また明日。