読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

喜びの唄

2016  12月17日

今日もあらゆる面で益々良くなっていきました。こんばんは〜♪

今日は、次男の吹奏楽部が高齢者施設の慰問クリスマスコンサートをしたので、

見に行きました。っていうか参加してきました。おじいちゃん、おばあちゃんも昔を懐かしみ、歌を口ずさみ、手拍子をしたりしながら一緒に参加してくださいました。始めは、拍手もまばらでしたが、お手玉であんたがたどこさ!などをやるうちに、出来る範囲で手を動かしたり、歌ったり。

唱歌になると、更に一緒に歌う声や、表情も元気になっていきました。

音楽のもつ力を、音楽療法でも痛感しているので、中学生にも感じてもらえたらいいなぁ〜と思いました。

最後に、彼らの生バンドをバックに

美空ひばりメドレーを唄いました。

りんご追分、柔、お祭りマンボ、愛燦燦

馴染みの歌は、更に元気にしてくれます。最後は、涙するおばあちゃんもいて、「ありがとう」とか「また来てね〜♪」とか声をかけていただきました。

 

人に喜ばれる嬉しい1日になりました。

 

高齢者施設の慰問などは、小学校の教師をしていた頃に子どもたちと行きましたが、自分がボランティアで参加するのは初めてでした。これも、子どもたちと吹奏楽部の顧問の先生のおかげです。

良い機会を与えていただきました。

 

いつもなら、自分から歌いますとは言わずにいただろうけど、

出来る範囲で、一度きりの人生だもの。

そう思い、挑戦しました。

 

私…今を生きています。

 

明日は何をしようかなぁ?